罪を犯したと疑われていますが,全く身に覚えがありません。どうすればいいのでしょうか。 « 立川 弁護士|初回45分相談無料・立川駅徒歩7分|もえぎ法律事務所

立川の弁護士、もえぎ法律事務所の公式サイト

お問い合わせは:03-5720-1217
お問い合わせフォームはこちら

その他の情報

罪を犯したと疑われていますが,全く身に覚えがありません。どうすればいいのでしょうか。

 身に覚えのないことで犯人と疑われ,取り調べを受けることは,どの方にもあり得ることです。否認している事件では,警察や検察の取り調べも自白を導き出そうと熾烈なものになりがちで,残念ながらそれに負け,やってもいない犯罪の自白をしてしまうことはまれにあることです。そうなった場合,刑事裁判でも言い分を聞いてもらえず,有罪判決が出てしまう可能性が高くなってしまいます。

 このような事態に巻き込まれてしまった場合,何よりも重要なことは,真っ先に弁護士に接見・面会させ,助言を仰ぐことです。事案にもよりますが,おかしな調書を作成してしまった後で弁護士に相談しても手遅れということはありえます。検察官や警察官は調書を作成しようと試みますが,サインする前に必ず弁護士に相談するようにしてください。

 一般的な対応としては,否認事件においては,のちに正式な刑事裁判で争うことを前提に,調書を作らない,というものがあり,当事務所でも否認事件では基本的に調書は作らないよう指導します。また,調書以外でも,反省文やメモ書きのようなものを作ろうと企てる警察官も存在しますが,当然,そのような書面も作成しません。

 否認事件は,認め事件と比較して難易度が高く,経験のある弁護士に依頼し対策をとる必要があります。一刻を争いますので,万一,ご自身やご家族ご友人がそのような事態に巻き込まれたら,弁護士に相談することをご検討ください。