保険会社から治療費を打ち切ると言われたら、どうすればいいですか? « 立川 弁護士|女性弁護士在籍、初回45分相談無料|もえぎ法律事務所

立川の弁護士、もえぎ法律事務所の公式サイト

お問い合わせは:042-595-8425
お問い合わせフォームはこちら

その他の情報

保険会社から治療費を打ち切ると言われたら、どうすればいいですか?

【事例】半年ほど前に交通事故に遭い、むちうち症と診断されました。それ以降、病院に通って治療しているのですが、加害者側の保険会社から治療費の支払いを打ち切る旨通告されました。まだ首が痛いので治療を続けたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

 

【答え】

 一般的には、むちうち症の治療期間は3カ月から半年とされています。その期間を超えた場合、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われることがあります。これ以上治療を続けても改善を期待できないのであれば、医師に後遺障害診断書を書いてもらうことになります。

 

 医師に後遺障害診断書を書いてもらった場合、それ以降の治療費の支払はなされません。そこで、保険会社から後遺障害診断書を書いてもらって下さいと言われたら、医師に自分の状態を伝え、医師が改善の見込みがあるというのであれば、そのまま治療を続けることがいいでしょう。これ以上の改善は期待できないと言われれば、後遺障害診断書を作成してもらうしかないでしょう。

 

 治療費の打ち切り後も治療を続ける場合、その支払は自己負担になります(健康保険を使用できないと言われることがありますが、健康保険を使用することができます)。この場合、後に交渉や裁判で正当な治療と認められれば治療費の支払いを受け取ることができます。

 

 通常,保険会社が打ち切りの有無を決める場合,医師に医療照会をかけます。そこで,保険会社が医療照会をする前に治療の必要性について医師とよく協議することが重要です。また,いったん打ち切られた治療は通常は復活しないので,打ち切られる前に弁護士に相談し,場合によっては保険会社と交渉してもらうことが肝要です。