男性側の親権を認めさせた事例 « 立川 弁護士|初回45分相談無料・立川駅徒歩7分|もえぎ法律事務所

立川の弁護士、もえぎ法律事務所の公式サイト

お問い合わせは:03-5720-1217
お問い合わせフォームはこちら

解決事例

男性側の親権を認めさせた事例

相談者は男性で、別居間もない状態でした。成り行きで幼い子供を預かっている状態で相談にいらっしゃいました。双方とも強く親権を主張していました。

通常、男性側が親権を取得することは極めて難しいのですが、女性側が積極的に動いてこなかったことも利用し、事件を引き延ばして、養育実績を早期につけさせ子供を育てる環境を整えさせることで、最終的に男性側が親権を取得する内容の合意に成功しました。