問題行動を繰り返す配偶者に対して、離婚・離縁・動産引渡を求めた事例 « 立川 弁護士|初回45分相談無料・立川駅徒歩7分|もえぎ法律事務所

立川の弁護士、もえぎ法律事務所の公式サイト

お問い合わせは:03-5720-1217
お問い合わせフォームはこちら

解決事例

問題行動を繰り返す配偶者に対して、離婚・離縁・動産引渡を求めた事例

相談者Aさんは、娘のBさんと一緒に、逃げるようにして脱出したという事案で、離婚と離縁を求めていました。その際、荷物をほとんど置いてきてしまったので、離婚と同時に動産引渡を求めるという事案です。

内容証明を送っても反応がなく、弁護士が電話をすればすぐに弁護士会に苦情が行くというありさまで、対応に苦慮しました。離婚調停を起こしても全く反応がないので、早期に不成立にしてもらい、訴訟を起こすことで最終的に離婚を勝ち取りました。

動産引渡についても、別訴を提起していたのですが、訴訟途中で相手方は荷物の返還に応じたので、訴えを取り下げることで事件終了としました。